リソース・参考資料

お問い合わせ

リソース・参考資料一覧

弊社のリソース及び参考資料ページでは、多様なトピックや課題に関し、リスク、FC KYC、コンプライアンス等の最新便利な情報をご提供しています。 もちろん無料でダウンロードできます。是非ご覧ください。

 

Accuityのホームページで最も頻繁に検索されるリソースのリンクを以下に掲載しました。

 

PEPs(重要な公的地位を有する者)についてよくあるご質問はこちら(全37質問)

 

ケース・スタディ

 

♦    ラボバンク「トレードファイナンス ソリューションは効果的にリスクを軽減し、 業務効率を向上させます」  ---  その他の企業と同様に、ラボバンク(Rabobank) も、取引の関連文書への監視作業を実施するために、複数のソースから必要な情報を入手してきました。しかしこうした方法により、作業は複雑化し、作業時間も膨れ上がってきました。

 

ホワイトペーパー・白書

 

♦   「優れたPEPプログラムの構築には単なる「データベース」以上のものが必要」 ---  日本社会におけるPEPガイドラインの必要性 - FATF(金融活動作業部会)の最新報書によると、日本当局は国内の金融機関に対してPEPガイドラインの導入を積極的に進めています。

 

 

ブログ

 

♦   「SSOに関する目標の達成には、強固なデータと安定したMDMプロセスが求められる」--- 近年、多くの企業は、支払勘定(AP)機能やコストの最適化に関わる運営効率の改善を強く求められています。シェアードサービス業務(SSO)センターを導入することで、こうした問題に対応することが可能になります。SSOセンターのAP機能により、支払いプロセス全体を中央に集中させて出荷地から支払いまでの支払いプロセスを能率化することで、より少ないリソースで、より迅速に、多くのプロセスに対処できるようになるのです。

♦   「トレードファイナンス:マネーロンダリングおよびテロ資金に対する予防の最前線」--- トレードベース・マネーロンダリングへの対策を応じることで、先日香港銀行公会 (HKAB)がガイダンス文書を取得しました。このガイダンス文書は、マネーロンダリングやテロの資金供与 (AML/CFT) への各機関の対策プロセスやシステムを向上させることを目指して、香港金融管理局が了承や推奨プロセスを実施する際に活用しています。

♦   「米国ドルの優位性:マネーロンダリング対策ポリシーに対して重要である理由」--- 米国ドルが国際的な貿易で大きな役割を果たしている限り、世界中の銀行は米国の定めるポリシーを順守する必要があります。マネーロンダリングやテロリズムの資金調達などの金融犯罪は、米国の規制当局者にとって主要な懸念事項となっています。

 

インフォグラフィック

 

    「重要な公的地位を有する者(PEP)とは?」 --- お客様の企業が最新の金融PEP規制に順守していることを確実にするには、お客様とのチームが、誰又は何が「重要な公的地位を有する者(PEP)」に該当する可能性があるのかについて把握することが必須になります。 

    The Iran Deal イランとの取引を再開する前に知るべきこと --- イランとの事業機会を検討している銀行は、リスクに対応するために、正しい情報を得る必要があります。

 

ビデオ

 

    「The Panama Papers / パナマ文書:御社の取引先について、十分ご存知でしょうか?」

オンライン講座・セミナー

 

    FC KYC 「金融業界におけるカウンターパーティー・デュー・デリジェンスに関する傾向」 --- 本オンライン講座では、金融業界におけるカウンターパーティーに対する(FC) KYCを、より深くご理解いただき、さらに効果的なFCデューデリジェンス (DD) プログラムをグローバルに展開するための戦略をご紹介いたします。

 

プレスリリース

 

    Accuityが提供する新たなUltimate Beneficial Ownership Data(実質的支配者に関する情報・データ)は、KYCプロセスを簡略化します。  

    Accuity、新ブランド戦略を発表しました。  

    AccuityはChartisの2016ウォッチリスト・モニタリング・ソリューション・リスクテック・クアドラント® で広く支持を受けています  

    スタンダードチャータード銀行: 統合グローバル・制裁スクリーニング・ソリューションのご提供 --- リスク、コンプライアンス、決済及びKYCのソリューション、そしてウオッチリスト・フィルタリングソリューションの分野において世界トップクラスのプロバイダーであるAccuityとFircoSoftがスタンダードチャータード銀行に選ばれ、統合グローバル・制裁スクリーニングとデータを提供することとなりました。

    Accuityがアジアバンカー誌アワードを受賞  ---  Accuity & State Bank of Indiaが2016年度アジアバンカー誌アワードの『年間マネーロンダリング防止に関わる技術および導入部門』を受賞しました。

 

 

 

    

  

お客様のご質問・ご相談などを承ります。

今すぐお問い合わせどうぞ

お客様の声

  • 「三井住友銀行はAccuityの提供するPEPデータベースは質、量、その構造のどれをとっても他社を凌駕しており、ソリューションとしての機能性も非常に高いものだと考えています。」

    三井住友銀行
  • 「Richmond Fiduciary Groupは、国内と国際的なPEPや制裁の範囲やネガティブニュースに素早くアクセス するために、Online Complianceを利用しています。特に、写真、人物関係図、船舶や銀行などに関する追加情報の充実度には目を見張るものがあります。Accuityは我が社をリスクから救い、大切なお客様に高水準のサービスを提供するのに協力してくれています。」

    Richmond Fiduciary Group
  • 「RabobankはAccuityのPEPオンライン照合ツールを信頼し、マネーロンダリングとテロ資金供与に対抗する世界的取り組みに役立てています。」

    Rabobank