金融ソリューション

お問い合わせ

PEPs (重要な公的地位を有する人物) データベース 

重要な公的地位を有する人物(PEPs)のスクリーニングは、より詳細なモニタリングと更なる調査が必要となる顧客を特定するための、追加的KYC作業です。

 

PEPSについてのFAQはこちら 

PEPには共通の基準や絶対的基準はありませんが、通常以下を含みます

Accuityの PEP デュー・ディリジェンスデータベースは、氏名、別名、生年月日、出生地、写真、役職、家族構成、ビジネス関係のある可能性の高い人物、および株式を所有している企業などの詳細情報を提供しています。既存システム用のデータファイルとして、または最も優れた検索ツールの一つであるOnline Complianceを通してPEPデータを利用いただけます。

主要機能:

  • ♦  年月日、パスポート番号、写真、ID番号などの重要な個人特定情報に基づいて、PEPを明確に識別可能です。
  • ♦  リスクレーティングを活用し、ハイリスクPEPを容易に特定可能です。
  • ♦  マイクロ・カテゴリー機能を活用し、国際PEP、国内PEP、地域PEPを識別可能です。

対象範囲:

  • ♦  この世界最大のPEPデータベースには、240の国および地域における150万以上の対象が収録されています。
  • ♦  広範でエンハンスド・デュー・ディリジェンスデータセットには、900 以上のエンフォースメントリストと、20,000 以上のメディアソースから集められたネガティブニュースが含まれています。

 

PEPs(重要な公的地位を有する者)についてよくあるご質問はこちら(全35質問)

 

PEPsについて及び当社製品のご購入やサービスの導入をご検討されているお客様のご質問、ご相談などを承ります。

 

 

コンプライアンスについて詳しくは下記のリンクでどうぞ:

 

 

お客様のご質問・ご相談などを承ります。

今すぐお問い合わせどうぞ

お客様の声

  • 「AccuityのPEPデュー・デリジェンス・データベースは、そのデータの量、質、構造だけでなく、ソリューションの機能性においても、競合他社と比べて明らかに優れています。」

    Terry Pallot
    企画部、マネージャー、 SMBC
  • 「RabobankはAccuityのPEPオンライン照合ツールを信頼し、マネーロンダリングとテロ資金供与に対抗する世界的取り組みに役立てています。」

    Rabobank
  • 「三井住友銀行はAccuityの提供するPEPデータベースは質、量、その構造のどれをとっても他社を凌駕しており、ソリューションとしての機能性も非常に高いものだと考えています。」

    三井住友銀行