金融ソリューション

お問い合わせ

高いコンプライアンス基準の維持

金融活動作業部会(Financial Action Task Force - FATF )の最近の査定により、日本の金融機関は重要な公的地位を有する者(Politically Exposed Persons - PEPs)を認識するプロセスを施行することが必要になりました。

PEPSについてよくあるご質問はこちら

もし、この規制が施行されるとそれにあわせたコンプライアンスポリシーを遵守すべく、設定変更が可能な内部システムを持たない組織がたくさん出てくると思われます。適切なプラットフォーム無しにPEPスクリーニングを実施した場合、別のシステムを導入する必要性が生じたり、コンプライアンス部門にさらなる業務負荷を掛ける結果となる可能性があります。

近い将来の規制変更への備え

近い将来の規制変更への備え

業界で実証されたプラットフォームを使い、全てのスクリーニング要件を一元管理することにより、将来の規制変更にも対応出来ます。

 

Compliance Linkを介したPEPスクリーニングの自動化:

制裁及び反社のスクリーニングと同じプラットフォームを使ってPEPスクリーニングを行います。管理を一箇所で行うことで、精査要件に対する全体的監視が確実になされます。

 

カスタマイズされたPEPデータ

PEP基準における国際的な条件は、日本或いは個々の組織のものとは異なることがあります。お客様の組織の規定に合うPEPデータに絞ることで、フォルスポジティブを削減し効率的なスクリーニング業務を実現します。

 

PEPS(重要な公的地位を有する者)についてよくあるご質問はこちら

 

コンプライアンスについて詳しくは下記のリンクでどうぞ:

 

 

お客様のご質問・ご相談などを承ります。

今すぐお問い合わせどうぞ

お客様の声

  • 「AccuityのPEPデュー・デリジェンス・データベースは、そのデータの量、質、構造だけでなく、ソリューションの機能性においても、競合他社と比べて明らかに優れています。」

    Terry Pallot
    三井住友銀行、企画部、マネージャー
  • 「RabobankはAccuityのPEPオンライン照合ツールを信頼し、マネーロンダリングとテロ資金供与に対抗する世界的取り組みに役立てています。」

    Rabobank